FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

援助交際で中出し

昼で仕事が終わり、暇になりそうなので「昼からさくっと逢える子、いたら宜しく」と書き込み
援助交際を余り期待せずに車で帰宅中、「援助交際できますか?○7です」とメ
ールラッキー!とOK返事
待ち合わせ場所へ進路変更コンビニへ到着し、待つこと15分位特徴通りの女の子がきた
黒髪が少しウェーブ、160弱?の身長車に乗せてホテルへ向かいながら話
髪を脱色したけど停学になりそうだから黒くした等々マジもんの現役
「今から行くとこ制服借りれるから良いかな?」「いいよー セーラー着てみたい!」とノリノリ
ホテルに着きフロントへ制服を注文彼女はシャワーへすぐに制服がきたので脱衣場へ置く
磨りガラス越しに現役の肌色が透けるヤバい今からあんな子と?と思うと手が震える
ソファに戻り一服ガチャリと音がし、服を着る音が聞こえる
「おまたせ」セーラーを着た現役が目の前に「うちブレザーだから嬉しいっ」
「現役やなぁ すっげぇ可愛いよ」煙草を消し大きく深呼吸
俺は彼女を抱き寄せ胸に顔を埋めた
「変態だと笑って良いよ jkにこうするのが夢やった」「へんたいー」
「うっせー!んじゃ 舐めてもらお 座ってくれ」彼女は床に膝まづきソファに座る
俺のズボンを下ろすもうビンビンな俺を見て「マジでへんたーい」
トランクスをおろし、俺のイチモツをペロッ俺は現役のフェラを堪能
決して上手くは無かったが現役がセーラーで膝まづき頬張るシチュは最高に萌える
「おじさん 固いよ? ビクビクしてる」つい声が漏れる俺を何やら嬉しそうに見ながら頬張る彼女
「あー たまらんっ!」俺は彼女を抱き抱え、ベッドへ運んだ

セーラーの上から胸をさわさわあまり大きくない感じ「あ きゃっ」
唇を塞ぎ舌を追いかける「んっ んふっ はっ」不器用に舌を絡めてくる彼女がたまらない
優しく形を確かめるように胸を愛撫耳にうなじに舌を這わせ、セーラーの中に手を入れる
張りがある膨らみを楽しむ「やだ なんか ねちっこい よぉ」「ん? いや?」「はっ あ んっ」
感じてるのかくすぐったいのか太ももの感触を楽しむすべすべで反発するような肉付き
辛抱たまらない俺はスカートの中に顔をうずめた
「きゃっ へんたいっ あぁん」「なぁ 俺を跨いでくれ」
見知らぬ下半身すっぽな仰向け男の顔の上に跨がる現役
スカートの生地が透けて灯りが見える目の前には黄色い布
俺はその真ん中に吸い付いた「あっ あっ ばかっ」両手を太ももにまわし匂いをかぐ
真ん中の筋あたりを舐めるこれだけで幸せどころの騒ぎではない
唾液と彼女のぬめったものを横にずらし直に舐める鼻を割れ目にあてがい思いっきり息を吸う
ツンとした匂いが俺をさらに陶酔させる夢中で舐める、吸う
膝立ちの彼女から声が漏れる「だめ あっ ねぇ 力が」
たっぷり堪能した俺は彼女を寝かせセーラーをずりあげる
ブラをずらし薄茶色の乳首に吸い付いた「あぁん ん ん」
もう大丈夫だろうか早く入れたい

この子に中出し してぇどっかでゴム外すか…ばれねぇだろ
ずらした布から割れ目に指を這わせ、ゆっくり出し入れ
ぬるぬるで吸い付くようなヒダを楽しむ小振りな胸に吸い付きながら
小さな唇を味わいながら舌を絡めながら

指を入れたまま、俺は身体を起こしイチモツを彼女の顔の前へ差し出す
察した彼女は裏筋を舐めてくれる「欲しい?」「ん ちゅ ん うん」
舐めさせながらゴムを取り、目の前で装着「準備完了!(笑)、上で入れてくんない?」
「へんたい! いいよ」ゴムを被ったイチモツを割れ目にあてがう彼女
「こ ここかな」「ほらほら」わざと腰を動かしてズラす俺「ばかっ 入らないじゃんっ」
セーラーの現役が跨がり、自らイチモツを受け入れようとする
もうクラクラだ「あっ くる…」ゆっくりと腰を沈める彼女「か かたい よぅ」
現役と一つになるゴムが邪魔だいつ外すかな下からゆっくり力を込めて突く
「す すご あっ」一心に俺を受け入れ感じる彼女を下から見上げる
時折イチモツに力を入れ、ピクつかせる「え? 何 ピクピクしてる」
「大人の味を思いしれ!(笑)」身体を起こし座位の体制で俺は胸に吸い付いた
「きゃっ あ あ あっ」一通り堪能割れ目にゴムを被ったイチモツが入り込んでいる
生で…「よいしょっ」「きゃっ ? バック?」「うん ほら お尻突き出して」
「こう?」セーラーにプリーツの女の子がお尻を突き出す「おねだりして」
と言いつつほんの少し照明を落とす「おじさんの ちょうだい」
今しかないな「おじさんの? なんだ?」典型的な台詞を言わせたくなる
「おじさんのチンチン あたしのマンコにちょうだい」男ってのはバカだ
「よろしいっ」「へんたーい」彼女のお尻のそばに近より、お尻の感触を確かめる
割れ目をもう一度触りながら、もう一方の手でゴムをゆっくり外す
「ここに欲しいのか?俺のチンチン」「欲しいの 早く」
ゴムが取れたイチモツは期待いっぱいに膨れ上がる生で行くぜ中に出す
俺は彼女に感触でばれないように一気に貫いた
「きゃっ そんな 一気に」「うるせー」薄暗い中でも、生のイチモツが
お尻の割れ目を通して入ってるのが解る若い粘膜が俺のイチモツを包み込む
感触は最高に気持ちいいゆっくりと出し入れし、感触を堪能する
「なんか さっきより すごい あっ」「バックが好きなんだなっ」

バレた?

さすがに現役俺が我慢出来なくなってきた彼女の足を伸ばし後ろから押し潰す体制
ピストンではなくピクピクで中から現役の膣を刺激する
「ホント これ すごい おじさん すごい」「わかる?」「すごい解るぅ」
一旦抜き、彼女の身体を上へゴムが無いのがバレないようにすぐに腰を持ち上げまんぐり
「やだっ」「ほら ここにチンチン入ってたんだぞ エロjk!」「やだ あ あっ」
彼女に見えるように指を出し入れ「チンチンちょうだい ねぇ」空気読む彼女
「しょうがないな」腰をおろし、足を開き、今度はゆっくりと彼女の中へ「すごいよ くるよ…」
「もう そろそろ ヤバい」「いいよ おじさん イッていいよ」前後に長く深いピストン
俺は胸に吸い付き、揉む「あ あっ んふぅ」唇を塞ぐ「ん んっ」彼女を力強く目一杯抱き締める
生のイチモツで彼女を貫く「すごい すごいよぉ」「ね ね? お願い 中に出して って言って 頼む」
耳元でささやいた彼女が俺の首に手を回した「中に おじさん 中に 中で来て」
「イクよっ」「きてー」

一番奥にたっぷりと射精ゴムがあると信じる彼女はぎゅっと俺に抱きついている
キスを交わす「すごいでた…」繋がったまま「おじさんへんたい」
身体を起こしイチモツを抜く白いものが逆流やべ「すっげえぬれてんじゃん」
ごまかしつつそれを割れ目に戻し指で中を愛撫「きゃっ まだやるの? あっ だめ」
なんとか誤魔化しきったそのあとのシャワー後も特に何も言われず
あんなに出たから逆流したはずなんだけど…

援助交際でに諭吉はやすかった

bgdfgvd.jpg
援助交際入口
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

Appendix

プロフィール

援助交際を経験した中で書いていきまぁす★援助交際初心者の人でも安心して使えるサイトを載せてるよ♪ちなみに今は風女です(>w<)

 

QRコード

QR
携帯からでも大丈夫★ 

リンク

  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。